派遣社員 審査に有利なポイント

p-1
カードローン利用するためには審査をクリアせねばなりません。
 
派遣社員がカードローンを利用するにあたっては、正社員と比べると不利になりがち…といわれてます。
 
ですが、ポイントさえキチンを押さえれば、問題なく審査を通過し融資を受けることができます
 
そのポイントもいくつかありますので、カードローンの利用を考えている方は参考になさってください。
 
 

正社員と比べると派遣社員は審査に通りにくくなるといわれる理由

カードローンの利用条件として、「安定した収入があること」としています。
そこで審査基準とされているのが「属性」といわれているものです。
 
それには、雇用形態がふくまれており、安定した収入がある雇用形態から優先順位が付けられています。
 
正社員⇒契約社員⇒派遣社員⇒自営業(個人事業主)⇒アルバイト
 
正社員は毎月決まった収入が約束されています。だから返済能力が高いとみなされます。
 
その点派遣社員の場合、派遣先によって収入が変わったり派遣先によっては勤務日数が少ないところもあるため、毎月の収入が安定しないと判断され、正社員よりも審査ハードルが高くなるのです。
 
 

審査に通るためには

● POINT1
できれば消費者金融系のカードローンを利用しましょう。
金利は少し高めですが、銀行よりも審査ハードルが低いといわれています。
 
また電話や郵送物なしのWEB完結サービスを提供しているところもあり、派遣社員でも提出書類で「安定収入あり」と証明できれば審査通過の可能性は高くなります
 
● POINT2
勤続年数が長い人は銀行カードローンもアタックしてみましょう。
 
派遣社員でも勤続年数が長い場合は、継続的に仕事があり安定収入があると判断され、審査にも通りやすくなります。
銀行は低金利なので継続的にカードローンを利用したい方にはちょうどよい商品です。
 
● POINT3
絶対に虚偽の申告をしないことです。
 
「派遣社員は不利になる」と思って、申込み時にウソの申告をすると逆効果になります。
あくまでも正直に申告しましょう。

このページの先頭へ