派遣社員の在籍確認とは

p-4派遣社員でもカードローンを使ってお金を借りることができます。
しかしその前に「審査」をクリアせねばなりません。
 
その審査の内の一つが在籍確認。申込み時の勤め先にカードローン会社が電話を入れ、申し込み者本人が現在その企業に在籍し、収入を得ているかどうか・・を確認します。
 
申し込み者としてはできれば避けたいものではありますが、残念ながら多くのカードローンが実施しています。
 
しかし派遣社員の場合、正社員や公務員と違った働き方となるため、どこに連絡が入るのか、どう対処すればよいのかが、良く分からない方もおられることでしょう。
 
そのあたりも含めて、カードローン申込み時の方法をお伝えします。
 
 
まず、申込み時の勤務先情報は、派遣元の企業情報を申告することをお勧めします。
 
派遣社員といえども、登録先の企業と雇用契約を結びます。さらに給与もその会社から支払われます。直接雇い主が派遣元になるので、申込み時の勤務先情報は派遣元の企業情報を申告しましょう。
 
尚、派遣先の企業を申告してもかまいませんが、派遣先では在籍確認が取れないリスクが大きいため、派遣元にしておいた方が良いでしょう。
 
次に在籍確認電話が入った時の対応ですが、できれば派遣元の担当者に「在籍確認の電話が入る」ことをあらかじめ伝えておくのが良いでしょう。その際はカードローンとは言わず、「クレジットカードの申し込みで」と伝えておくのがいいです。
 
電話がかかってきた時に「現在外出しています」とか「勤務中です」と回答してもらえればOKなので、それをお願いしておくのです。
 
しかし、「他人に知られたくない!」という場合は、WEB完結サービスを実施しているカードローンを利用することおすすめします。
 
このサービスは申し込みから融資まですべてWEB上で行うもので、会社への電話連絡も郵送物もありません
 
誰に知られることもなくお金を借りることができますので、検討材料の一つに加えてみても良いでしょうね。

このページの先頭へ